交通災害共済について

交通災害共済とは

「新潟県交通災害共済」は、車社会に入った昭和43年に設立されました。
思いがけない交通事故に遭われた被災者の方々に見舞金をさしあげるため、県内全市町村が共同で始めた事業で、県民一人ひとりが助け合う相互救済制度です。
その事務は、地方自治法に基づく特別地方公共団体である新潟県市町村総合事務組合が運営し、市町村と協力して行っております。

制度の趣旨は

「交通事故による被害から県民の暮らしを守るため」加入者の皆さまが交通事故による災害を受けた場合に、見舞金を受け取ることができる制度です。
また、新潟県交通災害共済は、営利事業ではなく、少額の会費で交通事故被災者を助け合う制度であり、住民の生活の安定と福祉の増進に役立つことを目的としています。

令和2年度の決算状況

歳入の状況

区分 収入済額(千円)  構成(%)
会費収入(注1) 479,947 45.9
財産収入 16,814 1.6
繰入金 505,725 48.4
前年度からの繰越金 42,397 4.1
諸収入 7 (0.0006)
1,044,890 100

(注1)決算上の数値であり、令和2年度加入者数から算出した数値ではありません。

歳出の状況

区分 支出済額(千円)  構成(%)
共済見舞金等 265,330 25.4
自治会報償費 62,819 6.0
市町村交付金 54,345 5.2
広告・印刷費等 49,864 4.8
その他事業費 1,086 0.1
一般会計繰出金 39,672 3.8
積立金 479,593 45.9
翌年度への繰越金(注2) 92,181 8.8
1,044,890 100

(注2)実質収支額(歳入歳出差引額)

共済見舞金等の支給状況

等級 件数 金額(千円)
1等級 32 48,000
2等級 4 6,000
3等級 4 4,000
4等級 67 33,500
5等級 15 6,750
6等級 12 4,800
7等級 22 7,700
8等級 18 5,400
9等級 34 8,500
10等級 35 7,000
11等級 55 8,250
12等級 94 9,400
13等級 1,076 75,320
14等級 112 6,720
15等級 145 7,250
16等級 165 6,600
17等級 524 15,720
上位等級移行による差額 10 2,820
葬祭費 - -
死亡弔慰金 1 100
特別共済見舞金 1 1,500
2,426 265,330

財政調整基金

財政調整基金残高(令和2年3月31日現在)
3,456,386,048円

1 設置の目的

新潟県交通災害共済の健全な運営に資するためです。

2 基金の使途
  1. 当年度又は翌年度の見舞金支払い等の運営経費に充てます。
  2. 大規模な交通災害発生等(会費の収入よりも見舞金の支出が多くなる場合です。)に備えます。
  3. 制度廃止した場合、事故発生から1年間の請求期間があるため、その期間の見舞金支払い等運営経費に充てるべく備えています。

例規集

例規集

要綱要領等

要綱要領等

組合公報

組合公報

公表

公表

カレンダー等ダウンロード

カレンダー(PDF)ポスター(PDF)チラシ(三つ折り)(PDF)チラシ(ジャバラ)(PDF)English leaflet(PDF)Vietnamese leaflet(PDF)Chinese leaflet(PDF)Korean leaflet(PDF)

動画

ページトップ